BLOG

子宮の自律神経調節🌸

今日は、子宮の自律神経調節についてです🌸

 

「鈴木郁子 編著:やさしい自律神経生理学,中外医学者」によると、

子宮には副交感神経、交感神経、求心性線維が分布しているとされています。

子宮支配の副交感神経は、下部腰髄と仙髄から出て、

骨盤神経を通って子宮体部と頸部に分布し、

交感神経(下腹神経)は、腰髄から出て子宮体部と頸部に分布します。

 

 

副交感神経を刺激すると、

子宮の血流は増え

副交感神経に含まれる無髄神経が興奮すると、

子宮の血流は平均で安静時の125%まで増加するそうです👏☺

 

 

一方、麻酔したラットの交感神経を電気刺激すると、

子宮体部の血流が減少すると言われています😢

交感神経に含まれる無髄神経が興奮すると、

子宮血流は平均で安静時の70%まで減少するそうです😢

 

 

したがって、

子宮血管は副交感神経による拡張性の調節と、

交感神経による収縮性の調節を受けていると考えられます☝

 

 

本書では、

「ストレスなどで、緊張状態が持続することは、

子宮血流の持続的低下をもたらす結果となり、

健康な胎児を育てる上で悪影響をもたらすことに留意すべき」とされています。

 

 

 

個人的な私の体験から行くと、

月経周期の中でも、ストレスが多かったり、冷えがあるときは、

月経痛がひどくなる傾向にあります💦

(逆に、ストレスケアして温めている時は、月経痛が少ない傾向にあります☺)

 

 

日頃から、自律神経を整え、健やかに過ごしたいものです🌸

 

 

来週6月15日(金)から

産前産後コースセミナーが始まります☺

ご興味のある方は、ぜひご参加お待ちしています✨

 

産前産後コース

 

 

 

関連記事

PAGE TOP