BLOG

食事について普段意識していること🌸

今日は、食事について普段意識していることを書きたいと思います☺🍚🍴

 

基本的に、私は『身体が欲するものを食べる』ことが大切だと思っています。

(そして、楽しくおいしく大好きな人たちと食べることも♥)

 

 

以前の私は、さーーーまざまな食事法を試して、

「体にいいから○○を食べる」と、頭で食べていました😢

でもその体にいいと思っていたものは、実は私の身体には合っていなかったり、、

偏り過ぎた栄養になっていたり、、

 

そして、便秘になり、吹き出物ができ、浮腫み、、、

と健康にいいものを食べているはずなのに、どこかにいつも症状がありました。

 

 

 

じゃあ、「身体が欲するものって、カップ麺やファストフードでもいいの?」

と思う方もおられるかもしれません。

 

そもそも、私たちのからだは食べるものでできています。

そのからだを長い間、添加物が入った人工の食べ物(自然界にないもの)で作っていると、

本当に身体が欲するものに気付くことができなくなります。。

 

からだは常に新陳代謝を繰り返しているので、ピュアなからだを取り戻すことはできると思っています。

(脂肪が完全に入れ替わるのは約4年と言われています。地道に続ければ必ずからだは変わります✨)

 

実際、数年かけて私もからだの声を聴いて食事をセレクトできるようになってきました☝

(段々と、”ホントにからだに必要な栄養素”がわかるようになってきました。)

 

この数年、私が気を付けてきたこと

1.自然界にないものは極力とらない(添加物の入った加工品など)

2.発酵食品をとる

3.調味料をきちんとしたものに変える

 (お味噌ならちゃんと菌が生きたお味噌。お塩はミネラルたっぷりの天日塩。砂糖は古式原糖。などなど)

4.ケーキや焼き菓子などは、バターや生クリームのものをいただく(植物油脂ではなく)

5.調理油はほとんど使わない。(お肉の脂か、使ってもバター)

6.乳化剤やPh調整剤が入ったものは、極力避ける(大事な大事なミネラルをもってかれちゃうのでね😢)

 

 

今思いつく限りで、上記のようなことを意識して食事をしてきました。

もちろん、お酒も飲むし、たまにはジャンクなものも食べますが、

1~5を気を付けていると、必要以上にジャンクなものを欲さなくなります。

 

そして、生理前の過食(超ジャンクなものをたくさん食べまくる)もなくなりました😃

 

急にはからだは変わりませんが、

地道にコツコツとやれば、必ず結果はでます☆

そして、それが一番の近道でもあると思います。

 

思い立った今日から!やってみてください☺

月経コースのセミナーではこういった栄養面のお話もしています。

なぜなら、心とからだの機能を最大限に生かすには、食べるものが大事だと思っているから♡

(女性ホルモンもですね💕)

 

ではでは。またー

 

(昨年はお味噌づくりにもチャレンジ!今年は発酵ものをもっと増やしていきたいと思いますです☺)

 

(参考・引用文献)

・ホリスティック栄養学 量子力学的メソッドセミナー資料

崎谷博征:プーファフリーであなたはよみがえる,鉱脈社

・崎谷博征:病はリポシスから,風詠社

 

 

 

産前産後コースセミナーお申込はこちら

産前産後コース

 

関連記事

PAGE TOP