BLOG

ウーマンズヘルスケアフォーラム2017 東京大会

こんにちは。漆川です。

昨日、ウーマンズヘルスケアフォーラム2017 東京大会

に登壇させていただきました。

『発達過程からみる体幹の安定化~妊娠における身体づくり~』

というテーマで実技をいれながらお話ししました。

産まれてきて、首が座り、お座りができるようになり、

ハイハイができるようになるなど、発達には順序があり、

それぞれに意味があります。

 

そして、私たちが日ごろエクササイズの中で行う四つ這い

 

私もピラティスをやっていますが、

実はこの四つ這い位でのエクササイズが最も苦手です。

なかなか肩甲帯の安定ができません・・・😢

 

 

この肩甲帯の安定ができていないまま

形だけ四つ這いのエクササイズを行っても意味がない・・・。

 

 

じゃあ、それを段階的に練習していくことはできないのか?

そこで!発達の過程がヒントになるんです☺

 

頚定→on elbows→on hands→四つ這い

受講者の方に実際にon elbowsや四つ這いをとっていただきながら

段階的エクササイズを行いました。

 

 

受講者の方からは『新しい視点でした』と感想をいただき、

私自身にとってもとても実りある時間となりました

 

 

こうして講演をさせていただくことで、

自分自身の知識の整理や、ブラッシュアップになるとともに、

 

受講者の方や他の演者の先生方から刺激をいただくことで、

また次への糧になります。

 

本当にありがたいです。

 

 

今回、お声掛けいただきました大会長の飛田先生

また、丁寧にご対応いただきましスタッフ様はじめ主催のエバーウォーク様、

心より感謝申し上げます。

 

 

また、受講したくださったみなさま

ならびにご一緒させていただきましたご登壇者の先生方にも

心より感謝申し上げます。

 

これからまた精進し、ブラッシュアップしていきたいと思います!

関連記事

PAGE TOP