BLOG

③「産前産後に生じやすい症状」開催しました🌸

先週金曜日はWHHC産前産後コースセミナーでした🌸

③「産前産後に生じやすい症状」

今回のコースは、助産師さんもご参加いただいており、

始まる前は、骨盤底筋群とこころの関係について、

終わった後は、デリケートゾンの状態と人生について。と、たくさんディスカッションさせていただいており、

私もとても勉強になっています。ありがたいです🙇✨

さて今回は、

・腰部痛

・骨盤帯痛(仙腸関節痛・恥骨痛)

・尿失禁

・骨盤臓器下垂、脱

 

についてがメインだったのですが、

妊娠出産によってインナーユニット機能の低下が起こり、上記のような症状が出現するリスクが高まると考えた場合☝

 

やはり妊娠前の女性のからだづくりがとても大事だと思います!!

それは、母親側に起こる上記のような問題のみならず、

胎児のほうにも影響を与えるということも考えなければならないということ。

 

運動発達の観点から行くと、胎児は子宮の中でしっかりと屈曲位で保持されていることが大切で、

母親の筋力が弱いとそれが担保されにくくなることが考えられます。

 

だから本当にこれから妊娠出産する可能性のある若い女性の身体づくりは大切なんです!!

そしてその若い女性の身体づくりの土台となるのが、発達段階だと思います。

 

ということで、

今回は産前産後の症状のお話しから運動発達(胎内から胎外)まで掘り下げてお話しをしました🌸

 

結局、妊娠出産には

◎妊娠前の身体づくりが大切

◎それには正常運動発達でしっかりと発達が促進されていることが大切

◎それには胎内での発達が大切

◎その体内での発達を担保するためにはママの身体づくりが大切

 

ということ🌸

 

 

女性にとって各ライフステージの問題はその時期だけのことではなく、

横へも繋がっていくものです。

 

健やかに過ごしていきましょう✨

(何の説明をしているのか?笑)

 

次回は、④「骨盤底筋群の解剖と評価」2/22です。

いよいよ後半です。より楽しく学んでいただけるよう頑張ります✊

 

【産前産後コースセミナー(1月~)】
今後の予定(2019年)
④「骨盤底筋群の解剖と評価」:2月22日(金)19:30~21:30 @福岡市中央区大名
➄「産前産後の理学療法」:3月3日(日)13:00~17:00 @福岡市早良区祖原

詳細ブログはコチラ↓

http://fukuoka-whhc.com/archives/1075

お申込はコチラ↓

https://fukuoka-whhc.com/pregnancy

【月経&デリケートゾーンケアセミナー2/24】
詳細ブログはコチラ↓

http://fukuoka-whhc.com/archives/1208

お申込はコチラ↓

http://fukuoka-whhc.com/archives/1138

 

【パーソナルケア】
産後骨盤ケアや月経ケアなど、自律神経、栄養、骨盤の状態などホリスティック
なケアを行っています。
お申込はコチラ↓

https://fukuoka-whhc.com/persona

関連記事

PAGE TOP